白井田七かめ(甕)

白井田七。かめ(甕)ってどうなの?

 


田七人参の中では唯一、生産者の顔が見えるサプリ、「白井田七」から新しく出たのが「白井田七。かめ(甕)」です。
この白井田七、ただでさえ、漢方薬として高麗人蔘の数倍もの有効成分「サポニン」を含んでいる高級人参なのですが、
それを黒酢と一緒に熟成発酵させたものです。つまり『田七人参「酢」』です。

 

白井田七はもちろんそれだけでも効果はありますが、この「白井田七黒酢」にすることで、生産者の白井博隆さんも驚くほどの効果が。
それが、もともと豊富に含まれていたアミノ酸の量が最大で239倍にもアップしたこと。
これは、見逃せないですよね。アミノ酸をバランス良くたくさん摂るのは難しいですし、黒酢もそのままでは飲みづらいですから。

 

黒酢サプリを飲むのもいいですが、ですが、「白井田七 かめ(甕)。」を飲めば全てが一気に叶っちゃいますよね。
実はわたしは元々黒酢サプリを飲んでいたんです。

 

でも45歳を過ぎてからというもの、体の冷えはひどくなる一方、更年期に差し掛かっているのか「イライラ」「落ち込みがひどいくて鬱みたい」「肩こりが治らない」
などの症状に困っていました。黒酢もいいが、他にもなにかもっといいものがないかと探していた時に見つけたのが、白井田七でした。
白井田七には、錠剤やお茶などがありましたが、アミノ酸量がとても多く女性ホルモンエストロゲンを豊富に含むザクロなども入っている白井田七。かめ(甕)にすることにしたのです。

 

>>アミノ酸が239倍にアミノ酸がアップした「白井田七。かめ(甕)」 初回限定特別価格申し込みサイトはこちら<<

 

 

 

実際に「白井田七。かめ(甕)」を飲んでみると・・・

実際に白井田七。かめ(甕)を飲んでみた感想ですが、

 

味は、それほどまずくない
です。

実は購入前に、お客様サポートに電話して聞いてみたんです。味はどうですかと。
マズイというわけはないと思っていましたが、さくらの森の方は、結構ストレートに、

 

「ハッキリ言って、美味しくはないです!!」とハッキリ言ってました(笑)

 

それが、逆にちょっと好感持てましたね。

 

で、買ってみたところ、

 

「そんな、言うほど、まずくないよ!」って感じだったのかもしれません。

 

田七人参って、めちゃくちゃ苦いのです。ですので、この「白井田七。かめ(甕)」も確かにわずかに苦味はありますが、それよりも黒酢の爽やかな酸味のほうが買ってます。私は黒酢は決して好きな方ではないですが、飲みやすいと思いました。

 

肝心の効き目


白井田七。かめ(甕)は、アミノ酸の量がとても多くなっていることがポイント。
アミノ酸アミノ酸って、何がそんなにいいの?って思いますが、アミノ酸はとにかく不足すると、体の元気だけでなく、心の元気までなくなるってことが最近わかっています。
そうです。

 

うつ症状にもアミノ酸が大きく関わっていることがわかっています。

 

たとえば、幸せホルモン「セロトニン」を出すには、アミノ酸の「トリプトファン」が必要。

 

やる気を出すホルモン「ドーパミン・アドレナリン・ノルアドレナリン」を出すには、アミノ酸「チロシン・フェニルアラニン」が必要。

 

アミノ酸だけではなくビタミンやミネラルなども必要ですが、アミノ酸が足りないことには作ることはできません。

 

そして、アミノ酸は筋力を作り、疲労回復に大きな役目も果たします。免疫を高めたり、ぐっすり眠ったりリラックスする成分も含みます。

 

もちろん田七人参に含まれるサポニンは血流を高めたり、?血という血が溜まった状態を改善することができるので、女性には嬉しいですね。

 

私は、飲み始めてから、すぐに足の冷えに効果を感じました。冷え性がひどくて、靴下を何枚も履かないと眠れなかったのが、田七かめ(甕)を飲み始めてからすぐに足がぽかぽかしだしました。

 

あと、肩こりがマシになり、だるさがなくなりました。

 

 

>>白井田七。かめ(甕) 初回購入割引あり 公式サイトはこちら<<>

更新履歴